English subtitles challenge

(日本語は下にあります)

We’ve received so much valuable feedback since we started organizing workshops online, but the most frequent feedback we have gotten is from people requesting English subtitles for our workshops in Japanese.

This has been on our list since day one because we have welcomed many of the best artists/developers from various industries as instructors and we are eager to do deliver their voices to audiences all around the world.  

However, having subtitles in different languages isn’t an easy task at all. Auto transcription and translation technology are advancing every day, but as of October 2020, we haven’t found any good automatic solutions, especially once we mix in some tech words to simple conversation.

We are also a small team and TDSW is our passion project we work on in our spare time. TDSW is our experiment for a sustainable community. Having seen lots people burning out handling a community with too many sacrifices, we really consider this is an issue and a thing we don’t want to leave for the next generation of community organizers. We believe that where-ever possible we should try to create jobs for the community rather than asking people to work as “a volunteer”. We also want to keep our workshops reasonably priced for highly motivated people who want to get started with all these exciting technologies. 

At the end of the day, we can’t afford to do this at this moment but we have set a goal on Patreon. 

Once we achieve this goal - we will be able to include English subtitles to one workshop recorded in Japanese per month. We will hire people to do transcription, translation, and supervision in order to help us to deliver it in professional quality to the community.

We also set a higher tier, which is $69. In addition to the benefits of all tiers, your name will be credited in our workshop recordings. We still have three lower tiers, so any amount of support would be much appreciated. In addition to your support on Patreon - sharing our Patreon page with your network would help us tremendously. If you think that we have been doing something meaningful for the creative community, please consider contributing or sharing! 


You can find the tier and goal at https://www.patreon.com/tdsw?fan_landing=true.

Thank you so much, your commitment has allowed us to support our community, and keep lit the creative flame of our team.

Regards,

TDSW 

オンラインワークショップを始めてから、ありがたいことに国内外問わずたくさんの視聴者の方から価値あるフィードバックを頂いておりますが、その中で一番多いのが日本語で開催されたワークショップに英語字幕をつけてほしい、というものです。

様々な業界から最高水準のアーティストやデベロッパーを講師としてお迎えしていると自信を持っています。講師の皆さんの貴重な技術や知見を世界中に届けたいと常々思っていますので、英語字幕をつけて世界にシェアすることはTDSWのやりたいことリストに長い間ありました。

しかし、日本語でのワークショップに英語の字幕をつけるのは簡単な作業ではありません。機械文字起こしや機械翻訳の技術は日々進歩していますが、シンプルな文章への対応は問題無くても、技術的な単語が少し入ると精度が下がり、その度に人の手による修正が大幅に必要になります。2020年10月現在、まだ私たちは提供したいクオリティの字幕を簡単につける方法を持っておらず、プロの翻訳家に依頼するのがベストな方法であると考えます。

TDSWはとても小さなチームで、メンバー全員がそれぞれ別に仕事を持っています。平日の仕事の後や週末など余暇の時間を使って活動しているパッションプロジェクトです。

また、TDSWは持続可能なコミュニティを作るための実験的組織でもあります。コミュニティに多大な犠牲をはらいつつ貢献し、燃え尽きてしまう方々をたくさん見てきました。私たちはこれを問題と捉えています。次世代のコミュニティオーガナイザーにはこのような思いをしてほしくないと願っています。コミュニティを運営し、イベントの中で同じ技術や表現に携わるクリエイターがつながる場を作ることは技術発展に不可欠な要素です。

可能な限り「ボランティア」で働いてもらうよりも、コミュニティに対して仕事を作り出したいと考えています。

いろいろな技術に興味がある人が経済的な理由でその機会を失うことなく、ワークショップに気軽に参加しやすいよう可能な限りリーズナブルな価格にしていて、この方針も続けていきたいと思っています。

こういった背景や現時点では英語字幕を付ける余裕が運営資金には無いことを踏まえ、Patreon でゴールを設定させていただくことにいたしました。

このゴールが達成できたら、1ヶ月に1つ日本語のワークショップに英語字幕をつけることができます。素晴らしい講師の方々に共有いただいた技術や知見の、クオリティが担保された英語字幕を世界中に届けるために、文字起こしをしてくれる方、翻訳をしてくれる方、内容のチェックをしてくれる方に妥当な額の報酬をお支払いして、一緒にこの字幕プロジェクトを進めていきます。

また、新たなプランを用意しました。$69/month 以上サポートしてくださった方は、これまでの全てのプランの特典に加えて、お名前をワークショップの録画の最後にクレジットさせていただきます。もちろんこれまで通り他のプランもございますので、全てのサポートに感謝いたします。

今回設定したゴールとプランは以下のページからご確認頂けます。
https://www.patreon.com/tdsw?fan_landing=true

もしTDSWの活動がコミュニティにとって有益だと判断していただけた際は、Patreonのページをお知り合いにシェアしてくださるととても嬉しく思います。

いつもサポートありがとうございます!講師や参加者の皆さんのおかげで一同楽しくTDSWを運営できています!

Become a patron to

54
Unlock 54 exclusive posts
Listen anywhere
Connect via private message